Crescent Moon Crescent Moon
TOP 占い名鑑 癒し月 占い広場 占いナビ
癒し月 >> カルサイト


石のコラム

vol.76 カルサイト

今回は、カルサイトについてご紹介したいと思います。
和名は「方解石」。
名前の由来は、この鉱物の主成分となるカルシウムの語源となった、ラテン語で石灰を意味する「calx」に由来するとも、あるいは紅葉して色付いたシナの木の葉が茶色いカルサイトに似ていたことから、ラテン語でシナの木を意味する「calx」にちなんで名付けられたともいわれています。
大理石や鍾乳石は、このカルサイトの細かな結晶が、粒状に集合したものです。
劈開性があり、割るとマッチ箱をつぶしたような菱形になります。
色々な形状の結晶で産出され、形によって「オプティカル(アイスランドスパー)」「ステラビーム(ドッグトゥース)」「ネイルヘッド(釘頭状)」「サンド」「双晶」などの様々な名称がございます。
アラゴナイトとカルサイトは、同じ成分で出来ておりますが、結晶構造が異なるため、同質異像の関係となります。

古代エジプトでは、建築石材や彫刻品の材料として用いられていました。ツタンカーメンの墓にも、カルサイトを用いた多くの副葬品が見つかっています。

身体と精神、感情のバランスを保って、エネルギー不足を補う力があるといわれています。
また安定作用があり、ストレスや不安を和らげて、自分への信頼を取り戻し、挫折を克服できるよう助けてくれるのだそうです。
困難にぶつかった時には、パニックにならないよう助けてくれます。
また、感情が昂り過ぎた時には、心を鎮めて落ち着かせてくれるため、周囲の人との信頼関係を築くことを助けてくれるのだそうです。

争いごとを嫌い、物事を調和させる働きがあるため、意見の違う人や異なる性質を持った相手との調和を計ってくれるといわれています。
そのため、人と人との関係を円満に導いてくれるのだそうです。
また、友人や家族との絆を深めてくれるともいわれています。
人間関係のトラブルに巻き込まれやすい方ならば、トラブルを避けて、物事をスムーズに解決できるよう促してくれるとされています。

カルサイトは光の屈折率が高く、透明なカルサイトを文字が書かれた紙の上に置くと、文字が二重にみえたりする複屈折現象という現象が起こることがあります。
そのため、カルサイトを持つと、物事を様々な視点から捉えることができるようになり、世界観が広がって、新鮮な視点で世界を見ることができるようになるとされています。
困難な状況に陥った時には、物事の見方はひとつだけではないことに気付かせ、ポジティブな状況を引き寄せられるよう導いてくれるのだそうです。

またカルサイトは、新たな世界を切り開く、イニシエーション(通過儀礼)の石ともいわれています。
非常に高い波動を持ち、霊性を高めて、夢と明晰性を与えてくれるとされています。
そうして持ち主に変容を、人生に変化をもたらしてくれるのだそうです。
新しいステップへ移る際には、これまでの古いコンプレックスや感情のパターンを解消させて、新しい思考パターンを作り出すことをサポートしてくれるといわれています。

エネルギーの増幅作用と浄化作用があるため、お部屋に置いておくと、環境からネガティブなエネルギーを取り除いて、持ち主のエネルギーを高めてくれるといわれています。
また、オーラやチャクラに適切な色のカルサイトを置くと、浄化してバランスをとり、活性化してくれるともいわれています。

カルサイトは、含まれる成分によって様々な色合いを示します。
主に、鉄分を含むと黄色、マンガンが入るとピンク色になるのだそうです。
以下では、色別の効果を簡単にご紹介させていただきます。


石の種類 効果
クリアカルサイト
(ホワイトカルサイト)
心を研ぎすまし、判断力を高めてひらめきを与えてくれる。
特に内部に虹を伴ったものは、新しい始まりをもたらすと同時に、大きな変化をもたらすとされる。
ブルーカルサイト 神経を鎮めて不安を取り除き、ネガティブな感情を解き放ってくれる。
心の奥にしまってある気持ちを表現することを助けて、コミュニケーションをスムーズにするともいわれる。
グリーンカルサイト 心のしこりを取り除いて悪循環を解消し、持ち主を次なるステップへと導いてくれるとされる。
環境が変わる時には、生活の変化からくるストレスを軽減してくれる。
イエローカルサイト 精神的な活動を活性化させて、安定した考え方や自信を培い、困難を克服できるよう力を与えてくれるといわれる。
ゴールデンカルサイト
(ゴールドカルサイト)
イエローカルサイトの中でも、特に黄金色をしたカルサイトをさす。
障害物を突破して、目標を現実化できるようにサポートしてくれる。
しがらみや束縛から逃れ、心の平和や自由を取り戻してくれるといわれる。
金運の石ともされ、玄関に飾っておくと、大いなる富をもたらすといわれる。
ハニーカルサイト
(アンバーカルサイト)
イエローカルサイトの中でも、特に琥珀色をしたカルサイトをさす。
弱気な心を応援して、忍耐力を与えてくれる。また、つい楽な方へと流されがちな心を、しっかりと現実に結び付けてくれるともいわれる。
オレンジカルサイト 生命力を高め、恐れや抑うつを取り除いて、建設的な考えに導いてくれる。
マタニティーブルーや生理痛、更年期などの症状を緩和させる働きがあるともいわれる。
ピンクカルサイト
(マンガンカルサイト/
コバルトカルサイト)
含有されるマンガンによってピンク色に発色している「マンガンカルサイト」と、コバルトによってピンク色に発色している「コバルトカルサイト」がある。
通常「ピンクカルサイト」という場合は、マンガンカルサイトを指すことが多い。
「聖母マリアの慈愛を宿した石」といわれ、過去のトラウマに囚われている心の怖れや悲しみを取り除き、自分を許して、受け入れることを助けるとされる。
バイオレットカルサイト
(コバルトカルサイト)
別名「アフロディーテ」。怒りや焦り、苦悶といった感情から解放して、心に落ち着きと平和を取り戻してくれるとされる。
レッドカルサイト 活力を与えて、精神力を高めてくれる。また、停滞したエネルギーを取り除いて、人生において前進することを妨げている閉塞を解消してくれるといわれる。
ブラックカルサイト
(シャーマナイト)
北米のネイティブアメリカンの間で、古くからお守りとされてきた石。
持ち主の他人への悪意や過去のトラウマなど、ネガティブな要素を浄化してくれる。また、外部からのネガティブなエネルギーや妨害をも、持ち主のパワーに変えてくれるとされる。


古くから治療石として用いられ、中国やチベットでは、粉末にして薬として用いられていました。
肉体的には、体内の毒素や老廃物を排泄して、体液を正常に保つ働きがあるとされています。
腎臓や膵臓の働きを助けるともいわれます。
また、カルシウム分の消化・吸収作用を助ける働きがあるといわれています。

浄化の方法は、セージなどで燻したり、クリスタル・クラスターの上に置くと良いでしょう。
水に弱く、変質・変色してしまう恐れがありますので、水での浄化はなるべくお避け下さい。
塩や太陽光による浄化も、避けた方が無難です。
カルシウムを含み、塩酸で溶けますので、塩素系の洗剤にもご注意下さい。
また硬度が3と、非常に柔らかい石ですので、お取り扱いの際はお気をつけ下さい。

最後に、カルサイトは、持つ人の人生の転機ともいうべき時期に現れるといわれています。
今、カルサイトが気になる方は、ひょっとしたら現状から抜け出して、新しい生き方へ進むべき時期を迎えているのかもしれません。
もしそんな時期にカルサイトと出会ったのでしたら、カルサイトと一緒に瞑想してみてください。
きっと、未知のものを受け入れて、恐れず前に進めるよう後押ししてくれることでしょう。

カルサイト関連商品
ヒーリングストーン ピンクカルサイト(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ピンクカルサイト
(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーカルサイト(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーカルサイト
(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ゴールデンカルサイト(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ゴールデンカルサイト
(第7チャクラ 天然石)

back

サイトマップ占い師さん大募集メールマガジンバナー広告についてリンクについてこのサイトについて
Copyright(C)2003-2011 占い情報 占い師・占いサイト検索 クレッセント☆ムーン All rights reserved.