Crescent Moon Crescent Moon
TOP 占い名鑑 癒し月 占い広場 占いナビ
癒し月 >> チャクラを司る石たち


石のコラム

vol.75 チャクラを司る石たち


「チャクラ」とは、サンスクリット語で「輪」「円」を意味します。
もともとは、バラモン教やヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教などの修行法であるヨーガ(ヨガ)の用語でしたが、インド伝統医学であるアーユルヴェーダや中国の錬金術である煉丹術、近代西洋儀式魔術、ニューエイジなどにも、その概念が取り入れられていきました。
その形は、回転する光の輪のように見えるとも、漏斗のような形をしているとも、蓮の花弁のように見えるともといわれ、「光の輪」あるいは「エネルギーセンター」とも呼ばれます。
大小あわせると、東洋医学でいうところの経絡と同じ数だけ存在し、特に背骨に沿って並んでいる7つのチャクラが重要だとされます。
7つのチャクラはそれぞれ、身体の周囲を取り囲んでいる7層のオーラとつながっているといわれます。
7つのチャクラは、オーラ(霊界)と肉体(物質界)を結んでいる連絡口であり、宇宙から受け取ったエネルギーは、このチャクラから取り込まれ、チャクラで量と質を変換されて、体に広がっていくのだそうです。

チャクラは、肉体・感情・精神・霊的な健康を司り、これが正常に機能していると、時計回りに車輪が回るように回転し、病気になったりすると回転の速度が鈍くなるのだそうです。
それぞれのチャクラは固有の波動を持ち、それぞれ違った光を発しており、その色は虹の7色に呼応しているとされます。
チャクラのバランスが整っていれば、エネルギーの量が増え、流れがスムーズになり、それぞれが対応する体の部位がうまく機能します。
しかし、エネルギーの流れが滞って、詰まったり欠乏したり、また逆に過剰になったりすると、調和が乱れ、精神・情緒・生理面に不調が現れるのだそうです。
そのため、肉体・感情・精神・霊性の健康のためには、チャクラのバランスを整えることが大切だといわれています。

チャクラのバランスを整えることは、これまで生きてきた上で、ずれてしまったバランスを元の正しい位置に戻し、エネルギーのレベルそのものを、肉体的・感情的・精神的に回復させるのに役立ちます。
そうして肉体のリズムを整え、能力を向上させて、精神を高めることで、環境を良好にすることができるのだそうです。
それぞれのチャクラに共鳴するカラーを持つパワーストーンは、各チャクラのバランスを整えて、エネルギーをチャージをするために有効であるとされています。
また、チャクラを保護して、ネガティブなエネルギーが心身やオーラに吸収されないように、サポートしてくれるのだそうです。

各チャクラに対応する石は、おおよそ各チャクラに対応する色と同じ色の石になります。
チャクラの色と同じ色の石の他に、各チャクラに対応する固有の石もございますが、今回は各チャクラの色に対応する色の石のみ、ご紹介したいと思います。



チャクラ 対応位置 キーワード 解説
第7 サハスラーラ・チャクラ
クラウンチャクラ
宝冠のチャクラ
金色



頭頂部 人生の目的・指針・自由意志・知識・超意識・神聖・予知 意識のより高い次元との繋がりや悟り、自己実現を示すといわれます。
第6 アージュニャー・チャクラ
ブラウチャクラ
(サードアイチャクラ)
第三の目のチャクラ




額の中心 透視・霊的・精神力・理解力・知性・直感力・スピリチュアリティ 第3の目ともいわれ、直感、集中、意思、精神性の能力を高めるといわれます。
第5 ヴィシュダ・チャクラ
スロートチャクラ
喉のチャクラ


水色
伝達力・表現力・インスピレーション・コミュニケーション 創造性、コミニュケーション、インスピレーションを高め、自己表現と社会性を支えるといわれます。
第4 アナーハタ・チャクラ
ハートチャクラ
心臓のチャクラ


慈愛・ヒーリング・一体感・パートナーシップ・アイデンティティ 大きな愛情や慈悲を育み、トラウマの開放や意識付けを支えるといわれます。
第3 マニプーラ・チャクラ
ソーラープレクサスチャクラ
太陽神経叢のチャクラ
みぞおち 活力・知性・思考力・意志力・力量・自己実現能力・個性 潜在能力を開花し、活動的な知性や人格の発展を支えるといわれます。
第2 スヴァーディシュターナ・チャクラ
セイクラルチャクラ
仙骨のチャクラ
丹田
(おへその下)
創造性・感情・潜在意識・無意識・セクシャリティ 精神と肉体の安定と完成を支え、感覚や創造性を高めるといわれます。
第1 ムーラーダーラ・チャクラ
ルートチャクラ
基底のチャクラ


肛門と
生殖器の間
生命力・意志・肉体の健康・ねばり強さ 生命力や精神力のエネルギーそのものを支えるといわれます。



なお、水晶やダイヤモンドは透明なため、すべての色の光を含むので、どのチャクラにも対応するとされます。
また、黒色の石は第1チャクラと対応するという説の他に、マイナスのエネルギーをプラスに変える力があるため、すべてのチャクラに通じるという説がございます。

チャクラのヒーリングやエネルギーチャージを行うときは、目的に合った石をチャクラの上に直接載せるか、または手にもってチャクラの上に重ねます。
直接置く場合は、身体の前面か背面のいずれか、快適な方に置いてください(すべてのチャクラの上に、石を置いていたたいても構いません)。
それから、石からチャクラと同じ色の光が溢れ、チャクラに吸収されていくところをイメージします。
やがてチャクラから吸収された光が、波のように広がり、体中を満たしていくところまでイメージできたら終了です。
なお、ヒーリングに使用した石は大変疲れていますので、終わった後は石を浄化することを忘れないようにしてください。

チャクラへのヒーリングは、どれかひとつのチャクラの働きを活発にするのではなく、あくまで7つのチャクラのバランスがとれていることが重要なのだそうです。
そのため、特に高めたいチャクラがある場合は、まず第1・2のチャクラを高めて、グラウディングすることから始めると良いといわれます。
また、同じチャクラに対応する石でも、石の種類によっては合う石と合わない石がある場合がございますので、もし合わなかった場合は、色々な石を試してみてくださいね。

チャクラヒーリング関連商品
ヒーリングストーン マホガニージャスパー(第1チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン マホガニージャスパー
(第1チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン サンストーン(第2チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン サンストーン
(第2チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン オレンジセレナイト(第2チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン オレンジセレナイト
(第2チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン プレナイト(第3チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン プレナイト
(第3チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ミルキークォーツ(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ミルキークォーツ
(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ピンクカルサイト(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ピンクカルサイト
(第4チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーアラゴナイト(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーアラゴナイト
(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーカルサイト(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ブルーカルサイト
(第5チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン アメジスト(第6チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン アメジスト
(第6チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン クリアクォーツ(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン クリアクォーツ
(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン セレナイト(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン セレナイト
(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ゴールデンカルサイト(第7チャクラ 天然石)
ヒーリングストーン ゴールデンカルサイト
(第7チャクラ 天然石)
【限定2セット】セルフヒーリング用 ヒーリングストーンセット(第1〜第7チャクラ対応 天然石)説明書付き
【限定2セット】セルフヒーリング用 ヒーリングストーンセット
(第1〜第7チャクラ対応 天然石)説明書付き
【一点もの!】クリアクォーツ ヒーリングワンド(パワーストーン天然石 シルバー925)
【一点もの!】クリアクォーツ ヒーリングワンド
(パワーストーン天然石 シルバー925)

back

サイトマップ占い師さん大募集メールマガジンバナー広告についてリンクについてこのサイトについて
Copyright(C)2003-2011 占い情報 占い師・占いサイト検索 クレッセント☆ムーン All rights reserved.