Crescent Moon Crescent Moon
TOP 占い名鑑 癒し月 占い広場 占いナビ
癒し月 >> 持ち主を選ぶ石たち


石のコラム

vol.64 持ち主を選ぶ石たち


真の友達が、決して優しい言葉ばかりではなく、時には厳しい言葉を投げかけて、諭し、励ましてくれるように、パワーストーンも時には、持ち主に厳しい試練を与えたりして、持ち主を選んだり、あるいは自分の持ち主たる資格を求めることがあります。
そしてその傾向は、パワーが強いとされる石ほどあるようです。
確かに考えてみれば、邪念を嫌う石や、誠実さを尊ぶ石が、持ち主だけは除外して効果を発揮してくれる、と考えるのは、ちょっと虫の良すぎる話かもしれません。
元来お祈りというのは、神様に、願いを叶えてください、とお願いするものではなく、この願いを叶えるために努力をしますので、見守っていてください、と誓う行為のことだったのだそうです。
「天は自ら助くる者を助く」ということわざもございます。
そう考えると、石によって願いを叶えるためにある種の条件を満たす必要が生じたことも、自然の成り行きのように思えます。
逆にいえば、条件を満たせれば、石たちは持ち主の何よりも心強い味方となってくれるのです。
今回はそんな、持つ際に、ある種の条件が必要な石たちをご紹介いたします。


石の種類 条件
アゲート 自然を愛する人に力を与えてくれるとされる。ただし、自然を裏切る行為をした時、この石のパワーは消え去るといわれる。
アメジスト アメジストの与えてくれる、肉体的霊的に大きな益を得るためには、アメジストの「気高さ」を汚さない、気高い清らかな目的を持ち、非難などの低い気持ちをもっていてはいけないとされる。
エメラルド 純潔と貞節を守る石であるため、不貞や不誠実を嫌い、持ち主にその心が現れると、割れたり見えなくなってしまったりするといわれる。
オパール 莫大なエネルギーを吸収し、伝える石であるため、オパールの内部に蓄積されている強いエネルギーに対処できない人は、身につけない方が良いとされる。
ガーネット 一途な愛情にのみ力を貸す石のため、持ち主が少しでも浮気な気持ちを持っていると、持ち主のために働くことを拒否し、パワーが消え去るとされる。
ターコイズ 人の心を見透かし、邪念を大変嫌うため、持ち主が誠実に願い、目標のために努力する気持ちがない場合は、願いを叶えてくれないとされる。
ダイヤモンド 立場が正しい人や、心が正しい人が持てば、あらゆる災いを防いでくれるとされる。ただし邪悪な心で用いると、それを見抜いて効力を失ってしまうといわれる。
マラカイト 「魂を映す鏡」といわれ、持ち主の内面の状態を反映するため、ポジティブな時ならより元気にしてくれるが、ネガティブな時にはさらに落ち込みが酷くなるといわれる。
ムーンストーン 積極的な人はとても積極的になるが、消極的な人はさらに消極的になるとされる。また熱い恋心はより激しく、冷めかけた気持ちならより冷ましてしてしまうともいわれる。
ラピスラズリ ラピスラズリに含まれる黄鉄鉱の成分は、心を同調させていればプラスのエネルギーを与えてくれるが、同調していない場合はマイナスの力の場を作ってしまうことがあるといわれる。
ルドラクシャ
(菩提樹の実)
持ち主との調和性が極端に強く、この実が欲しいという意志を持った瞬間から、その人との調和が始まるといわれる。
ルビー 精神性の高い石で、他者への愛に力を貸すことを好むため、自己中心的な気持ちや嫉妬や攻撃的な感情などの元に石を用いると、途端にその効力を失うとされる。



私たちが石を選ぶ気持ちと同じに、石たちもまた、自分を持つにふさわしい人を選びます。
そして、お互いの求め合う気持ちが一致したならば、そこにはより深い結びつきが生まれます。
逆に、何となく石との相性が合わないかも、などと感じられる時には、石が、あなたが内面に抱えている問題について、そっと気づかせようとしているのかもしれません。
今、皆様のお手元にある石は、縁があるからこそ皆様と巡り会いました。
どうぞ、石たちの与える条件を、敷居の高いものと敬遠されずに、皆様が自らを高めるための手助けのひとつと、お受け取りいただければ幸いでございます。


back

サイトマップ占い師さん大募集メールマガジンバナー広告についてリンクについてこのサイトについて
Copyright(C)2003-2011 占い情報 占い師・占いサイト検索 クレッセント☆ムーン All rights reserved.