三国志・その他の巻

今回は、聞いた事ある名前も出てきたから、
そんな「遠い」事じゃなく感じられて、
ちょっとばかし、気楽になれた
…と思う。。

右クリックでダウンロードしてちょ♪

メモより

【ちょーせん】
りょふの事を、ちょーせんは思い慕っていた。
尊敬という言葉以上の気持ちを向けていた。
りょふは、悪い気はしなかったけど、
男同士の熱い感情とも、男女のものとも違う、その気持ちに、
どぉ応えたら良いのか解らなくて、
その点では、受け流す事にしたっぽい。
ちょーせんのモデルになった人物は、男のよぉに思えたけど、
事情があって、男として育てられた女性とか、
すごく女性的な男なのかもしんない。

実際には、「ちょーせん」は存在しなくて、
彼等を取り巻く複数の人物との出来事が、
一人の人との事のよぉにまとめられたのと、
その「一人の人」の人物像に合う人が、たまたまいたから、
「モデルとなった人物」って言われてるんだと思う。

だから、「ちょーせん」って聞いて、「男」って思ったのかもしんない。
モデルになったって言われてる人が、全部の事をしたんじゃないと思うし、
こんな尾ひれも付けたら、話が面白くなるだろぉと、
実際には無かった事まで足されていると思った。

番組中に言った「何かの秘密を握ってるから…」ってのも、
確かにあった事ではあるけど、
モデルになった人物との事ではなく、
一人の人との出来事のよぉにまとめられた複数の中の一つかもしんない。

りょふ関係者か、本人の魂曰く、
「戦地でも、たまるもんは たまるから、
 男同士ってのも、割り切った関係として、あって当然だった。
 嫌がる女に手を出すより マシだと思う。」

りょふ自身は、特に不自由しなかったろぉと思うから、
「そぉゆう奴等もいた」って話だと思う。
だから、ホモじゃなくても、行為だけはあったとか、
そぉゆう事が言いたかったんだと思う。



 ↑ 
落書きみたいなもんだけど。。
編集したやつ聞いてたら、
こんなイメージが出てきた。
誰だかは判んないし、何だかも判んない。。
何か参考になりそぉな事 知ってる人、
情報下さい。 <(_ _)>

右クリックでダウンロードしてちょ♪