占い・おまじないコラム〜クレッセント☆ムーン〜 占い・おまじないコラム〜クレッセント☆ムーン〜
TOP 占い名鑑 癒し月 占い広場 占いナビ
占い広場 >> 占いコラム >> 【石が教えてくれたこと】鮫島礼子


【石が教えてくれたこと】 鮫島礼子
あなたは子供の頃に、石を拾ったことがありますか?
綺麗な色の石を家に持ち帰り、
(毎日、磨いていれば、いつか、キラキラと色鮮やかな【ガーネット】や神秘的な【エメラルド】のような宝石に変わるかもしれない!)
と、思ったことはありませんか?

持ち帰らないまでも、川に向かって石を投げたり、ままごと遊びやチョーク代わりに使ったり、石に、お絵かきしてみたり、と。
一度や二度は、石と戯れた経験があるのではないでしょうか?

そんな【石】に【意思】があることを感じたのは、私が4つの時でした。

ある日、近所の立派な一戸建ての庭に敷き詰められている石畳に魅せられた私は、その石の中でも、直径3cm、周囲8cm程の深緑の石を見つけました。
幼な心に、
(こんなに立派なお家の庭にある石だから、これはきっと宝石になるに違いない!)
と思い、その石をそっとスカートのポケットに、忍ばせて家へ持って帰りました。
そして石をガーゼのハンカチで磨きながら、いつかこの石が、図鑑の写真と同じような【エメラルド】に変わると信じていたのです。

それから2、3日して私は熱を出してしまいました。38度近い高熱です。
風邪なのか、何なのか、よくわからないまま病院へ行き、治療を受けて薬を飲みました。
ところが、一向に熱は下がりません。
そんな状態が数日続いたある朝、母が私に言いました。

『礼子には悪いけど、どうも、あの石を拾って来てから、あんまり、良くないような気がするんだけど、人のお家の石だから、もしかしたら、返してきた方がいいかもしれないよ。』と。

母は、私が(あの石が宝石に変わると信じている)事を知っていたので、
出来るだけ、私が、ご機嫌ナナメにならないように、やさしく、諭すように言ってくれました。
内心、おもしろくなかった私ですが、
『わかったよ。じゃあ返してくる!』
と言って、すぐさまジャージを着込んで、元のお家へ石を返してきました。
すると、翌朝、嘘のように私の熱は下がったのです!
果たしてそれは偶然だったのでしょうか?
それ以来、私は、人様の庭や、川や海辺で、石と遊んでも、石を持って帰ってくるのは、やめました。

・・・あれから時は流れ、様々な体験を経て、最近、ようやく石とうまく付き合えるようになってきました。

私は、石だけではなく、アクセサリー類は、寝かせてから、使用することが多いです。

反面、基本的にチャレンジャーなので、アクセサリー類をいただいたその場で身に付けて、実験することも多いです。
そして、

(実際に、このアクセサリーを身に着けると、自分はどういう傾向になるのか?)

と感じ取ることにしています。

心が落ち着く ハイ・テンションになる!! キレやすくなる! ハッピーになる♪
などなどなど・・・。

中には、欲しくて購入したアクセサリーや石なのに、2年以上経ってから、やっと、
【私の意思】と【石の意思】が上手くマッチングする場合もあります。
私の心が石を受け入れられれば、石も私を受け入れてくれるからなのかもしれません。

【ルーン占い】【クリスタル占い】【真珠占い】など、昔から石を用いた占いは、日本ではそれほど、普及していないようですが、欧米では、根強い人気に支えられています。
日本でも、神社の中には【石占い】をユニークな売りとしているようなところもあるようです。古代人の方が石の言葉に耳を澄ませていたのかもしれません。

気にいった石を見つめ直し、あなたが心から誰かを受け入れた時、石のパワーが働いて、あなたも誰かに受け入れられることでしょう。

鮫島礼子先生の所属する占いサイト
占いセラピスト 鮫島礼子

back


サイトマップ占い師さん大募集メールマガジンバナー広告についてリンクについてこのサイトについて
Copyright(C)2003-2011 占い情報 占い師・占いサイト検索 クレッセント☆ムーン All rights reserved.